JAPAN-BHARAT SARVODAYA MITRATA SANGHA(一般社団法人 日印サルボダヤ交友会)オフィシャルサイト

20111009

「第149回 マハトマ・ガンディー生誕日の集い」報告

2018年10月2日 「第149回 マハトマ・ガンディー生誕日の集い」が開催されました。
式次第
 ・讃歌(チャーリー宮本)
 ・アーシュラムの祈り
 ・ご挨拶 インド大使館VCC所長シッタルダ・シン教授
 ・記念講演 宮本薬祥さん(自然食糸車指導者)
  「ガンディーに学ぶ ーなぜ糸車を回すのかー」。
  今、安曇野に住んでいるのは科学文明を使わない、自然と
  密着した生き方をしたい。
  ガンディーのアヒンサー(不殺生非暴力)、スワラージ(自治)、
  スワデーシ(国産品愛用)とは。
  糸紡ぎのきっかけなど。 実体験をもとに興味深いお話でした。
 ・糸紡ぎ体験は、タクリーを自分で作り、紡ぐ。
  大変盛り上がりました。
  綿を糸にしていくのですが、すぐ切れてうまくいきません。

 201810   2018
インド大使館VCC所長シッダルダ・シン教授 宮本薬祥さん 

IMG_20181002_141726630 - コピー
アシュラムの祈りのテキスト(ワルダ・セワグラム・アシュラム作成)に 「nammyo ho renge qyo」が出てきます。

平成30年度日印サルボダヤ交友会総会報告

2018年6月24日 平成30年度日印サルボダヤ交友会総会が開催されました。
 ・平成29年度事業報告
 ・平成29年度会計報告
 ・平成30年度事業計画
 ・平成30年度予算
 ・その他 
 以上の議題について事務局より説明を受け、質疑応答審議の上、異議なく承認されました。
サルボダヤ誌上で活動へのへ協力を呼びかけ。HPやフェイスブックでの青年層への働きかけを行うこととしました。

第70回ガンディージー殉難日の集い報告

2018年1月30日、日印サルボダヤ交友会主催の「第70回ガンディージー殉難日の集い」が東京・九段のサルボダヤ講堂で開催されました。

当日の催しは以下の通りでした。
○アーシュラムの祈り
○ムアンプイ・サイオイ インド大使館参事官挨拶
○特別講演 大橋正明先生 聖心女子大学教授
 『サマンバヤ・アーシュラムの軌跡
  ーーサルボダヤ運動によるインド・ビハール州のブイヤーンの人々支援の一例-ー』
  oohasi masaakiシャプラニールHPより

マハートマ・ガンディー生誕148年記念集会報告

2017年10月2日、日印サルボダヤ交友会主催の「マハートマ・ガンディー生誕148年記念集会」が東京・九段のサルボダヤ講堂で開催されました。

当日の催しは以下の通りでした。
○アーシュラムの祈り
○ムアンブイ・サイオイ インド大使館一等書記官挨拶
○記念講演 石井一也先生(香川大学教授)
   「今を生きるガンディーの思想と実践
         --自立共生への道ーー」

2017 2017
ムアンブイ一等書記官

第66回ガンディージー殉難会集会報告

2014年1月30日、日印サルボダヤ交友会主催の「第66回ガンディージー殉難会」が東京・九段のサルボダヤ講堂で開催されました。

当日の催しは以下の通りでした。
○アーシュラムの祈り
○D・G・ワドファ インド大使 挨拶
○石坂晋哉京都大学大学院客員准教授の特別講演

マハートマ・ガンディー生誕142年記念集会報告

2011年10月2日、日印サルボダヤ交友会主催の「マハートマ・ガンディー生誕142年記念集会」が東京・九段のサルボダヤ講堂で開催されました。

当日の催しは以下の通りでした。
○アーシュラムの祈り
○アロック・プラサード駐日インド大使挨拶
○内藤雅雄東京外語大学名誉教授の記念講演

アーシュラムの祈り

アーシュラムとは、ガンディーが唱えたサルボダヤ精神にのっとって共同生活を営み、修行する場。インドのアーシュラムでは毎朝アーシュラムの祈りから生活が始まります。

アロック・プラサード駐日インド大使の挨拶

大使は挨拶の中で「サルボダヤ交友会が長年にわたってマハートマ・ガンディーの生誕日に集会を開催し、多くのサルボダヤ活動家とともにガンディーの教えを学び、その実践の意義を確認されていることに敬意と感謝を申し上げます」と述べられ、また10月2日は世界非暴力の日であることを強調されました。
画像の説明
※挨拶の内容は「サルボダヤ」誌10月号で紹介しています。

内藤雅雄教授記念講演

「ガンディーの運動を支えた人々―マハーラーシュトラの場合」と題する記念講演では、1時間半にわたって「インドのマハーラーシュトラ州がガンディーにとっても、ガンディーに続く多くのガンディーアンにとっても特別の地域であること」が豊富な資料と長年の研究をもとに語られました。
講演後、多くのサルボダヤ活動家との討議が1時間にわたって繰り広げられました。
画像の説明
※講演の内容は「サルボダヤ」誌11月号に掲載予定です。

お問い合わせ

〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-23,
社団法人・日印サルボダヤ交友会「広報室」
※お問い合わせは連絡先明記のうえ、郵送でお願いいたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional